検索

Watch カタログ

CWC 認定ウォッチコーディネーター 岩瀬小次郎のおすすめ

岩瀬小次郎

美しいブルー文字盤が印象的な1本。
実はゼニスにとってブルー文字盤は特別なカラーとなります。

1970年代、クォーツショック(安価なクォーツ時計の大流行)により、ゼニスは倒産の危機に陥り、アメリカの企業に買収されます。その際に、その企業から命じられた指令は”一切の機械式時計の製造中止”でした。つまり、ゼニスの代名詞とも言える「エル・プリメロ」の製造中止令です。この時に「エル・プリメロ」に関する製造機械や設計図も全て処分する命令が下ります。

そして時代は流れ、1980年代。
機械式時計の価値が改めて見直された時、再度「エル・プリメロ」にスポットが当たります。しかし、製造機械や設計図は全て処分されて・・・・

いませんでした!!!

”エル・プリメロ製造禁止令”が出た際、沢山の機械や設計図が処分される中、”シャルル・ベルモ”という一人の技術者が、こんなことはあってはならないと、会社の命令に背き、一人「エル・プリメロ」の製造機械や設計図を倉庫に隠しておいたのです!

そんな彼の功績により、「エル・プリメロ」は再び製造され、現在に至ります。

ここでブルー文字盤のお話に戻ります。
ブルーはシャルル・ベルモが愛した色でした。そこでゼニスは彼が引退する際にその功績として、美しいブルー文字盤の時計を彼にプレゼントしました。

それ故、ゼニスのブルー文字盤には特別な意味がございます。
見た目はただただ美しいブルー文字盤ですが、そこに深い意味が入るとまた見え方が変わってまいります。
その美しさ、深い意味を身に着けて、是非腕に自信を。

Chronomaster Open “ブルーダイアル”

Chronomaster Open  "ブルーダイアル"
カタログ番号 ZH075
Ref.(型番号) 03.2040.4061.52.C700
サイズ 42mm
文字盤カラー ブルー
インデックス バー
ケースの素材 ステンレススチール
ブレスの素材 アリゲータストラップ
日付 なし
防水性 100m防水
動力 自動巻き
国内定価 ¥925,000+税

CWC 認定ウォッチコーディネーター 岩瀬小次郎のその他のおすすめ