検索

Watch カタログ

副店長 森田 大樹のおすすめ

森田 大樹

この時計は、一目でそれとわかる特徴的なデザインと外観を有しています。

通常は時計ケースとダイヤルは独立したパーツとして設計されますが、

ダマスカス模様の積層鋼材の独特な風合い、

すなわち光と影が交互に織りなす有機的パターンを強調するため、

1800.DAMASZENERのケースとダイヤルは一体型で、

完全なスチールブロックから作られています。

その結果、ダマスカス模様の流れるようなラインが

ケースからダイヤルにかけて途切れることなく続き、

独特で趣のある外観を形成しています。

さらにテギメントテクノロジーを駆使し、

傷がつきにくい表面仕上げとなっています。



ダマスカス鋼は何世紀にもわたり人類を魅了してきた伝説の鋼で、

現代ではそれに代わり積層鍛造されたスチールが

刀、ナイフ、剣の生産に使われています。

2種類以上のスチールを組み合わせ、

いくつもの層に折り曲げることで前述のようなパターンが表面に浮かび上がります。



ダマスカス模様の積層鋼材を作る伝統的製法は非常に精緻で、

職人技と応用技術の賜物です。



異なる種類のスチールを重ねて鍛造溶接し、

真っ赤に熱した高温状態で折り畳み、

ふたたび重ね合わせます。



これは専門用語で「フォールディング」と呼ばれる製法で、

柔らかい鋼と硬い鋼を組み合わせることで、

両方の特性を持つ新しいタイプの金属が出来上がるのです。

工程の最終段階では、

表面のエッチングによってダマスカス特有のパターンが浮かび上がります。

酸の腐食作用で表面に高低差が生まれ、

典型的な明暗のニュアンスを形成します。



最終工程の酸によるエッチングで

その姿を現す1800.DAMASZENERのレイヤーは、

素材の持つ特徴を見事に表現しています。



流れるようなラインの形状は意図的に生成できないので、

ケースはひとつとして同じものはなく非常にユニークな時計です。

さらに裏蓋や尾錠、リューズもこのダマスカス模様の積層鋼材で作られています。



しかしながら、このスチールを時計ケースに使用することは、

耐腐食性の観点から考えるととりわけ困難を極めたと言わざるを得ません。

この難題を克服するため、

歯科インプラント治療にも用いる2種類のハイグレード・ステンレススチールを

鍛接する方法にその糸口を見つけたのです。

高いグレードの合金鋼の製造には、

比類ないほどの耐腐食性がすでに証明されている

最新の原材料を使う必要がありました。

ジンの長年にわたるパートナーであり、

2000年もの歴史を持つ鍛造技術を進化させ現代に継承する

BALBACHDAMAST(バルバッハダマスト社)は、

このミッションに果敢に挑み、

時計ケースへの使用に耐えるダマスカス模様の積層鋼材をみごとに完成させました。

1800.DAMASZENERは、プロ集団によって作り上げられた高い品質を誇る時計です。

【世界限定100本】1800.DAMASZENER

【世界限定100本】1800.DAMASZENER
カタログ番号 SN528
Ref.(型番号) 1800.DAMASZENER
サイズ 43mm
インデックス バー
ベゼル ダイヤルと一体型のダマスカス模様の積層鋼材(テギメント加工)
ケースの素材 ダイヤルと一体型のダマスカス模様の積層鋼材(テギメント加工)
ブレスの素材 カーフ
日付 あり
防水性 100m防水
動力 自動巻き
国内定価 ¥1,400,000+税

副店長 森田 大樹のその他のおすすめ